« 七夕 | トップページ | 夕涼み会 »

お迎えに間に合わない!!!

ちゃいペンギンさんのブログ働くペンギン: 仕事への誇りと罪悪感.を読んで思ったことをつらつらと。

仕事の種類によりますが、決まっているお迎えに時間に間に合わない!とあせったり、おばあちゃんや、パパに急遽頼んだことがあるワーキングママは少なくないでしょう。男性並みに正社員で働いている人や学校の先生は特に多いのではないでしょうか。
ちなみに保育士の場合は延長保育対応の時差出勤(自分で選択できないフレックスといったほうがわかりやすいでしょうか?)で、残業はあまりない代わりに、「子どもが体調悪くても絶対はずせない日」すなわち「遅番、遅出勤務」と呼ばれる勤務形態の日があります。まあ、前を持ってわかっているので、その日はパパにお迎え行って貰ったり、実家などに最初から預かってもらったりしている先輩・同僚が多いです。

ちょっと脱線しましたが、そんな「急な残業」本当に厄介ですよね。そんな時ふとよぎる「そこまでして仕事をする必要ってあるかな」という思い・・・・。
確かに最後に一人だけ残ったお子さんは、なんとなく元気はなくなります。保育士がどんなに盛り上げても外がとっぷり暮れてしまった時間に子どもは自分ひとり・・・さびしくないわけはありません。ついで言えば(大変申し訳ないですが)私たち保育士も半数はワーキングマザー。時間に遅れるママがいれば、彼女たちの子どももさらにどこかで待っている羽目になる・・・それも立派な「急な残業」。
お迎えに来るお母さんはもしかしたら「もっと遅くまで保育園があいていればこんな思いしなくてもいいのに」と思っているかしら?ところが保育園の開園時間が延びれば延びるほど、ママたちの残業時間もさらに延びるんです。会社も当てにします。だから開園時間を延ばしても焼け石に水。保育関係のサービスはもう頭打ち、他の方法を探すべき時にきているのではないでしょうか。

じゃあ、企業努力としてワーキングママを特別扱いすると今度は他のスタッフから不満が出ます。「いつも子ども子どもって、頼んで産んでもらったわけじゃないわよ」と若い子なんかはきっと思うでしょう。私自身独身が長かったので、ぶっちゃけそういう時のピンチヒッターばかりだった時期もありましたから、よくわかります。

要は、「いかに時間内に終わらせるか」これはママだけでなく会社全体で残業をなくす効率のよい仕事をすること。それから、「ワーキングマザーの代わりの人間の存在」つまり人員に余裕をもたせること。他のスタッフの不満も結局は自分だって休みたいのに休めないことから来ているので、コレは大事。それから、子育てしているパパにもママと同じく休む権利というか義務を課す。30代男性は企業としては一番使える時期だけに、これはなかなか大変でしょうが、それは子育てしているママだって同じ。
このご時勢そんな余裕どこにもないという声が聞こえてきそうですが、人口減少による経済の衰退が加速していくという青写真が描かれだしている今、子育て世代を大事にしないと、そう遠くない将来そのつけを「人材不足」とか「倒産」とか言う形で払わなければならない日が来るかもしれませんよ、社長さん!(って、社長さんはこのブログみないだろうけどさ)

ママだってパパと同じ責任もって仕事しているのに、ママばかり「そこまでしてやる仕事か」なんて悩まなければならない時代は、もうやめましょう!

とくに男性諸氏、あなたのかわいい奥様とお子様のことですよ!

« 七夕 | トップページ | 夕涼み会 »

働くママ」カテゴリの記事

コメント

TB&コメントありがとうございます。
のあのあさんの文章に、同感する部分がたくさんあります。

①「保育園がもっと遅くまであいていれば」ということになり、延長すればするほど、結局会社は当てにして、お母さん達は残業が増える。焼け石に水
②お母さん達の急な残業は、保育士さんの残業になってしまい、保育士さんの子供も帰る時間が遅くなってしまう。
③最後に保育園にのこっていく子供がかわいそう。。。(私はいつも遅いほうなので、たまに早く迎えに行くと「○○ちゃんのお母さんがきたのに、私のお母さんはまだ?」とよその子によくいわれる。。トホホ
④働くお母さんのみ、優先すると、独身や男性社員から不満がでる。これは本当のこと。身の置き場がないというか、針のムシロというか。。。

共感はあるのですが、残念ながら以下は、実行できないところなのかなとおもいます。

私はいくつかの会社に勤めたことがあり、研究開発分野~営業まで、いろんな部署を渡り歩きました。
今現在は営業事務にあたるのですが、営業の現場では残念ながら効率よく仕事をすることは難しいのです。
というのも、お客様本位だから。。。
私の主人も営業なのですが、お客様は昼だろうと夜だろうと関係なく仕事をもちかけてきて、残念ながらそれに呼応できる会社が生き残っていくからです。
それに対応できない会社は振り落とされ、仕事がとれず、利益が出ず、最後は倒産です。
働く母のみを優遇して、部署移動させることは簡単かもしれませんが、それにより、補充する人員が必要となりますし、そのしわよせはやはり独身女性だったりし、不満が噴出します。
今の私は残念ながら、「それでも辞めてしまったらなにもなくなるから、なんとか続けていくことで頑張らなくては。。。」と自分に言い聞かせる毎日です。
同僚が夜中の2時まで働いていたり、有休もほとんど使えず、仕事が有能で必要な上司ですら、会社都合でリストラされる世の中では、しょうがないかなとあきらめています。
日本に、せめて昔ほどでなくても、好景気がもどってくれば、状況がかわるのかな?ともおもっています。

そして、そんな状況を理解してくれている、保育士さんにはとても感謝しています。

ちゃいペンギンさん、早速のコメントとTBありがとうございます。

そうか、営業職なのですね・・・。それはなかなか効率のいい仕事は難しそうですね。相手次第の仕事はやっぱり・・・・。
でも、部署異動は独身女性もある程度勉強だと思って割り切る必要があるのではと思います。
私は独身の頃、保育士皆があまりの激務に敬遠する障害児の訓練センターに異動になったことがあります。結婚して異動してきた人と交換の形で、みんながその私と交換になった人の悪口を言ってたことを思い出しました。皆私が結婚したり退職したりすると次は自分、と思っているのがよくわかり仕事への不安と二つのプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、二年ほどセンターでの激務をこなしました。結局特に私に何があったわけでもなく「勉強」のためにまた他の保育士と交換になったのですが・・・・私はその異動、大変だけどいい経験だったと思いますよ。ただ、誰もがそう思えるわけではないですよね。仕事がお金を稼ぐ手段のみ、もしくは他にやりたいことがないという程度の人にとっては、忙しい部署への異動は迷惑以外の何物でもないですものね。それじゃ、困るんですけどね。っていうかそういうことで不満を言う人は使えない人が多いですよね。

結局、どうしたらいいのかわからなくなってきました・・・。景気が良くなるしかないのでしょうか。

毎度!きゃうりゅうです。
世の中本当に厳しいって思います。

子供の時期って、一番大切にしたい時期なのに、一緒にいたいのにいられない。
後ろ髪引かれながら、仕事に行って、慌てて帰る毎日が始まります。
保育士さんの掛けてくれる「お帰りなさい」って一言、すごくあったかくて、涙が出そうになるときがあります。

今日も、わが子がお世話になりました。
保育園は私たち親子にとって、もうひとつのオウチなんだなー・・・。
足向けて、寝られない・・・。

きゃうりゅうさん、毎度どうもです。

そうなんだよねぇ・・・本音を言えばもっとそばにいてあげたい・・・ああ、でもそんなに休めない・・・。
お母さんが専業主婦でいられた私たちが子どもの頃のあの時代は一体どこへ行ったのでしょうねぇ。もちろん仕事は好きですが、だんなの稼ぎが今の倍だったらいったん退職の道を選んだ可能性は大いにあります。
経済が本当におかしくなりましたよね。給料はあがらないけど、物価は高いし教育費も跳ね上がるばかり。
どこかで読みましたが「専業主婦」はこれからは本当に裕福な男性の妻しかなれない時代になると・・・きっと、そうなんでしょうね。
きゃうりゅうさんのようにお一人で育てていると、もっと身にしみて感じることでしょうね。世間はお金も人生もかけて子どもを育てている人に優しくない。悲しいですね。勝手に産んだと言われればそれまでだけれど、その子どもたちに将来おぶさらなければ年金もままならないのだから、もっと親切になって欲しいなぁ。

せめて保育園は安らげる場にせねば。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お迎えに間に合わない!!!:

» 仕事への誇りと罪悪感 [働くペンギン]
今日は久しぶりにお迎えコールがありました。これについてはまた後日。7月7日付け、 [続きを読む]

« 七夕 | トップページ | 夕涼み会 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ