« 卒園準備、そして新一年生の安全対策 | トップページ | 牛乳パックで作った椅子 »

片付け終了

今を去ること三十数年前、あかちゃんだった私の顔に似ているということで、母方の祖母から贈られたおひなさまです。
今は娘の物として、昨年半ばむりやり実家から来て二度目のひなまつりでした。

当の娘は昨日ばぁばお手製のちらしずしを呆れるほどたらふく食べて、ご満悦。
『女の子の美しく健やかな成長を祈る』行事ですが、少なくとも健やかな成長はしているようです。200603041629000.jpg

« 卒園準備、そして新一年生の安全対策 | トップページ | 牛乳パックで作った椅子 »

コメント

こんなにぷっくりした親しみのあるお顔をしたお雛様は初めてです。
お母さんから娘へ、代々伝わっていくのはすばらしいですね!
わたしの結婚する年の節句に、両親が、しばらくしまい込んでいたお雛様を「最後の記念に」と飾ってくれたことを思い出しました。
こういう文化は大切にしていきたいものです。

今年は多忙につき自分のお雛様出せませんでした。月遅れに出してもいいのかなぁ・・・?

のあのあ園長のお雛様。
いろんなブログのいろんなお雛様の中でもふくよかさがダントツ。いいもんですね。

わあ、かわいいお雛様!私の実家の雛人形も私と同じ丸顔です(笑)。
我が家では正月が終わるなり「お雛様飾らないの?」終わるとすぐ「ねえ、お雛様しまわないの?」娘の催促にせかされて早々にしまいました。娘がいる限り、年中行事は欠かさずにすみそうです(笑)

みずきかあさんさま。

そうやって忙しくても何でも、毎年飾って片付けるのが文化。大事にしたいですよね!
とはいうものの、毎年七段飾りを出して一月余り一部屋独占となると、ちょっと萎えてきそうですが・・・・


おりがみさん

月遅れで出すとどうなるんでしょう・・・?片づけが遅いといき遅れる、っていうのはよく言われていますが・・・・。

確かにうちの雛人形は、あまり見ないぷっくりほっぺのお雛様ですよね。私に似ているといわれている娘の昨年の顔に確かに似ています。


たいちさん

しっかり者のお嬢様ですね!きっと、いき遅れるなどということはないのでしょうね~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片付け終了:

« 卒園準備、そして新一年生の安全対策 | トップページ | 牛乳パックで作った椅子 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ