« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

更新とどこおる一年でした

だいぶ放置している状態だったこのブログ。
そういうつもりではなかったのですが、今、身の回りで起こっている問題が、あまりにもデリケートで、このような公の場所に書くことに抵抗が出てきてしまったことが主な原因です。

この一年で何が大変だったかと言えば、上司の理解のなさ(私が説得しきれない)と、子供たちの変化(発達障害の占める割合が増えている。また、そうでない子も幼くなってきている。)、親のニーズや要求の多様化、モンペア化。
このみっつに尽きます。

これらの対応に多くの時間を費やし、悩み、時にはいろんな人と揉めて、一年が過ぎてしまいました。

こうしていきたいと、一介のクラス担任ごときが夢を描いても、色々な形で遮られることも多く、まだまだ力が足りないと落ち込むこと数知れず。
来年四月から新しい保育指針が施行になるのですが、そこには、子供の最善の利益の為に…とうたわれています。
最善の利益を、と思って仕事していても、自分のの子供の今現在の一面しか見ない親からのクレームや要求に私も同僚達も常に悩まされて、日々が過ぎてしまう状態は、ほんの数年前ならほとんどなかったこと。
今、確実に子供たちのまわりの環境か変わりだしているのだと思います。

私の夢は、すべての子供たちが、困難にあっても自分の力で、時には助けをもとめ、うまく生き抜く力を持った大人になることです。
でもそうした意図は伝える努力をかなりしなければならないし、理解されにくいことをしみじみ味わいました。

今年の締めが愚痴だらけてスミマセン。
来年は今年の失敗を糧に進化したいと思います。
皆様良いお年をお迎えください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »