« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

失業者を保育所で雇用?

失業者を保育所で雇用、資格取得も支援…厚労省検討 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

〈記事引用〉

厚生労働省は26日、雇用対策の一環として、全国各地の認可保育所で、失業者を職員として採用する制度の検討を始めた。

Click here to find out more!

 保育経験のない失業者の一時雇用を想定しているが、保育士養成の専門学校に通うための支援などを行い、将来の正規雇用につなげる狙いもある。3年間で数万人規模の雇用確保を目指す。

 資格のない人の場合、専門学校に通うことを条件に補助的な仕事を担当してもらい、専門学校の費用は国が助成し、保育所に就職すれば返済の一部を免除する案などが浮上している。保育所で働きながら学べるカリキュラムなども、今後、詳細を詰める。保育士の資格を取るには、短大・専門学校を卒業する以外にも、2~5年の実務を行うなどした後に保育士試験を受験する方法がある。こうしたケースに関しても、支援策を検討する方針だ。

 厚労省は省内にプロジェクトチームを設置し、医療や介護分野などでの人手不足解消を図ると同時に、雇用情勢の改善に寄与する施策の検討を進めている。全国約2万2000の認可保育所で働く保育士は約34万人。同省の推計では、待機児童の解消を目的に保育所を増設したり、少子化対策の効果で児童数が増加したりすれば、2020年ごろには、さらに7万人以上の保育士が必要になる。

************************************

この記事を見た私の第一声

「無理だっつーの」

保育助手と言うのは昔よくいたが、少なくとも私の近辺ではほとんど採用されなくなった。

特に公立にこの傾向が強い。

それはなぜか。

それは今度の四月から施行される、新保育所保育指針に盛り込まれた方針にはっきり出ているんです。

要するにプロじゃない保育士には重過ぎる仕事内容を要求されている時代に変わってきているからです。

簡単に解説すると(多少私見はいりますので興味のある方は詳しく調べてみてね)

まずは保育所の社会的責任の明確化として、子どもの保育だけでなく保護者への支援を行うよう義務付けられました。
要は、モンペアとか子育て放棄の親の面倒もきっちり見ろって事です。
また、「子どもの最善の利益の考慮」も重要ポイント。
親の子どもの養育力の向上に対して、支援が義務付けられています。 

それと、保育内容の公開も。
掲示板とかでいいから毎日報告しなければなりません。
保育内容隠したいような施設にとっては厳しいですね。

経験浅く、日々の保育にあっぷあっぷの保育者にも厳しいですね。


それから、今まで保育所というのは小学校から「無視」されている存在だったのですが(教育要領に幼稚園との連携は明文化されていましたが、所轄省庁が違う保育所は、名前すらない・・・・)小学校に上がる際、それぞれの子どもの保育要録を小学校に送ることになりました。
もはや、保育園に通う幼児の方が多くなったため、無視できなくなったということでしょう。
あと、(私の勝手な予想ですが)保育所に通う子どもはいろんな意味で問題を抱えている子が多いので、手を焼いているのかもしれませんね。
(注)保育内容のせいではなく、幼稚園は入園の時点である一定の条件のご家庭が集まりやすいので、そこからはみ出る子どもや家庭は自然と保育園に集まります。保育園は入所条件さえ満たせばどんな家庭や子供でも受けますから・・・。

あと、職員の資質向上、専門性の向上のため、色んな事をしなければならなくなりました。
障害児には、クラス全体の指導計画にもきちんと位置づけをしていくのはもちろんのこと、個別指導計画も作成していかなければならなくなりました。
障害児の個別指導計画は、マニュアルなんぞもちろんないので、一からやることになります。クラスの指導計画より専門知識を必要としますので、担当保育士すごく大変になります。
そのための研修とかも必要になっていくでしょう。

また、施設長のランクアップとか(資格試験受けないと所長や園長になれない)障害児専門の保育士とかも、ただいま検討中だそうです。

これが、今の保育園の現状です。

つまり、難しくなっていく親の要求に対応するため

希薄になっていく親子関係を取り持つため

障害のある子が保育にあわせるのではなく保育士が障害のある子にあわせていくため

小一プロブレムをなくすため、などなど・・・・・・・

これからの保育士には今まで以上の専門性が要求されるのです。

数がいればいいって言う問題ではなく、きちんと教育を受け、職場での研修もうけて、専門性を高めた保育士が必要なんです。

子守しかできないような中途半端な保育士が増えても、要求が難しい親との間で無用のトラブルが起こるだけです。

そもそも、保育園だって不況のあおりを受けて、保育料などの収入は減っています。

そんな中途半端な人を雇って園にどれだけメリットがあるの?また、そういう人を職員一人分で換算するの?そんなことしたら、ただでさえこれから過重な労働が待っている正規の保育士にさらに1.5倍、いえ2倍の過重な負担がかかるんですよ。

雇用対策のためとはいえ、あまりにも安易な考えだと思います。即刻撤回すべきです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »