« 五つ葉発見! | トップページ | 食育って、家庭で地味にやるもの »

不況につき

ここの所の大(?)不況により、幼い子どもを持つ母親が求職する率が急増しているとか。

つまりはダンナの稼ぎだけでは不安とか、もっと言えば生活ができないとか、皆さんなかなか厳しいようです。

このままでは幼稚園に通わせる専業主婦ママは絶滅危惧種になってしまうかもしれません。

そんなわけで・・・・

私は現在二歳児担当ですが、定員18名のところ4月スタートで14名、空きは4名だったのですが今月早速3人新入児がやってきました。あっという間にラスト1名に。この分だと来月で完全に埋まってしまいそうです。

今までは3歳未満の乳児クラスの時点で預けるお母さんというのは、大抵は育休明け。つまり正社員の方がほとんど。出産前かから「産んでしばらくしたら働く」と決めていた人たちです。つまり、子どもを預けて働くということにある程度覚悟ができている方がほとんどでした。

でも、この不況で急に働かざるを得なくなったお母さんは、子どもを預けて働くとはどういうことか、まったくイメージがなく、朝の登園時にお子さんがぐずるだけで腰が引けています。

まあ、覚悟あっても保育園デビュー時の子どもの大泣きは ビビリますが・・・

それでも、誤解を恐れず言えば、お母さん、それがアナタが選んだ道(不本意であっても)。そして、余裕綽々に見えるほかのお子さん・そしてそのご両親も過去に必ず通ってきた道。ついでに先生方で子どもがいる人たちも皆通ってきた道。

大丈夫、お子さんが泣いているのは、お母さんが見えている間だけ。

その心は「お母さんがもしかしたら連れて帰ってくれるかも」その一点です。お母さんの心の中に迷いがあればあるほど、それはお子さんに伝わり、追いすがられてしまいます。

去るときは潔く。

お迎えのときに、またはおうちに帰ってから。

初めての社会で頑張ったわが子を抱きしめて労ってあげて下さいね。

「ママ、ばいばい」と先生の腕の中で手を振って仕事に向かわせてくれる日はすぐそこですよ。

« 五つ葉発見! | トップページ | 食育って、家庭で地味にやるもの »

園長室」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ちゃいさんのところからお邪魔しました。
ワタシ、保育園に送るとき、息子から「バイバイ!」と言い出すまで居座っちゃってるんですけど、良くないのかもしれないなぁ・・・と思いました。この記事見て!!
育児休業中で、この10月から復帰するんですけど、うちの地域は年少の時、育休だと、保育園には入れてくれないんです。でも、誰も年少児を家では見てないので、お友達と遊びたければ幼稚園にいくしかなく、本人も暇だというので、行かせたら、幼稚園が思いのほか楽しかったらしく、「保育園はイヤじゃないけど、幼稚園に戻りたい」と言うんですよ。。。
泣いて、いきたくない!と言うわけではなくて、送っていくと「お母さん、もう行かなきゃいけない頃?もう少しいてもいいけど?僕は。」とかいうんで、なんとなく、長居しちゃってて。。。園でもちょくちょく、一人になって、たそがれてるらしいんです。
昔いた保育園でも、年少になってから行った幼稚園でも、むしろ率先して楽しんでる風で、こんな覇気がない状態になったことがなくて、母親の私がオロオロしちゃってて・・・。
いい子過ぎたから、5月ごろこうなっちゃうかもしれないなぁ、と先生も仰ってたんですけども、私がおかしくなっちゃってました。ちょっと復活しましたが(笑)
で、ちゃいさんをはじめ、いろんな方にコメントで励ましてもらって、その時、ちゃいさんが、過去記事を紹介してくださって、そこをたどって巡りつきました。
また、ちょくちょくお邪魔させていただきたいと思います。
やっぱり、保育園の先生は大変そうです。幼稚園の先生は違う風に大変そうでしたけど。

まいさん

ちゃいさんのブログでのお友達なんですね。
はじめまして。

育休中でも、保育園に預けたいというママは大勢います。
復帰以後の預け先の確保にもなるし、保育時間も長いし夏休みないし。なによりお友達と年長まで一緒に過ごせるし。
でも、やっぱり実際に働いているママを優先して待機児童を減らしたいというのが、自治体の本音でしょう。
私のとこでは育休一年は在籍が認められています。
また、一年過ぎた時点で年長児だった場合は他への転園は就学を控えた子どもに悪影響を与えるので、卒園まで在籍できます。
保育士としてはこれが他の保護者の手前、妥当な線だなと思っています。

お子さん、今ちょっと心配な時期ですね。
大抵は半年もすれば慣れてしまいますが・・・。
幼稚園とは色々勝手も違うし、保育時間も長いし、
お友達の雰囲気も違うし、
お子さんなりに大変なことがたくさんあるのでしょうね。

私の記事の通り、去るときは長居せず潔く。
帰りは抱きしめてたくさん話をする。
母にできることはそれだけ、というか
それが母にしかできない、お子さんへのサポートで
大きな支えです。

きっと大丈夫。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不況につき:

« 五つ葉発見! | トップページ | 食育って、家庭で地味にやるもの »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ