4月入園決定への道④福祉事務所は書類のどこを見るか

さて皆さん、入園決定への道.は熟読されましたでしょうか?そしてお目当ての園は決まりましたか?いよいよ書類を書いて、(園を通じての場合もありますが)福祉事務所に提出します。
それから年明けまでえんえんと入園決定の知らせを待つ日々が始まるのです。ストレスですねぇ。

さてさて、申し込みの書類にはたくさん書くことがありますね。なんでまたこんなに書くのかと思うくらい・・・・。でもそこに入園決定順の決め手がたーーーーくさん潜んでいます。もちろんうそを書くのは厳禁ですが、どんな状態だと有利なのか不利なのかがわかるだけでも、次の手(無認可を探すとか)を打つべきか否かが大体わかるというもの。
各自治体によって色々ありますが、大きな違いはないと思いますのでご紹介しますね。

最優先
母子(父子)家庭
生活保護世帯
優先
産後休暇・育児休暇明け
既に上の兄弟姉妹が入園している

以上四つについては大抵の自治体で入園の点数が2~3点加算されると思います。
また、保育の中心者(まあ、大抵は母親ですよね)の就労状況では時間が長いほうが短いより、内職よりは自営、自営よりは外勤のほうが点数が高いでしょう。

ここで、不利になる条件を。
上の子だけ保育園にいれて、下の兄弟をおじいちゃんやおばあちゃんに頼む場合、養育者がいるとみなされ点数が下がる自治体があります。お住まいの自治体がどう対応しているか確認のうえ、激戦区の場合は下のお子さんが小さくても預ける覚悟が必要です。また、逆に上の兄弟が幼稚園に通っていて、下の子を保育園という場合も同様の扱いになる場合があります。
それから求職中というのも点数はは下のほうになってしまいます。
激戦区では祖父母と同居も点数が下がる場合があるようです。

また、保育園というものは単に働くお母さんのお子さんを預かるということだけでなく、家庭状況が子どもの養育に向いていないとか苦しいとか言う事情の人のためにもあります。
生活保護を受けている人、障害者手帳や精神障害者手帳を持っている人、虐待の恐れのある人、重度の障害者や病人を介護している人のお子さんが優先されてしまうケースがあります。なので、「何で働いていない人が子ども預けているんだろう・・・・」と思ったときはそういう可能性もあるのだということを、心に留めておいてほしいなと思います。

まあ、中には入園の時や年度初めの更新時だけ働いてほとんど働かない人や、実家やご主人の実家で会社を経営している場合、ほとんど拘束されていないのに就労証明を発行してもらっているという「つわもの」もいますけどね・・・・・その辺は書類でしか判断できないお役所の良くない点でもあります。困ったものです。

とにかく、自治体に問い合わせた上で不利な条件に当たる人は、解消できるならするか、駄目もとで申し込むか、そこまでして預けることはないと思い直すか・・・・申し込み前に再考の必要があると思います。

さてさて、4回にわたりお送りしてきました「4月入園への道」いかがでしたか?お子さんが希望の園に入園できますように~遠くからお祈りしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月入園決定への道③見学に行こう!

情報収集が終わったら、今度は見学です。大抵の園は電話で予約すればいつでも快く見せてくださるし、園長先生や主任先生が案内してくださいます。ただ、4月入園申込期間(大抵11月)は混雑するので、希望の日があるならお早めに予約を。また、運動会や発表会などを見せてくださるところもありますので、園内見学とあわせてお時間があれば是非。

ここで一つ注意。伺うのは午前中がいいです。午後に行ってもお昼寝中で、お子様方の活動の様子は見られません。ということは先生方の対応や雰囲気もわかりにくいということです。せっかく行くのですからわかることは多いほうがいいわけで、見学は午前中をおすすめします。

さて、園内見学の日がやってきました。当日はお子様同伴をおすすめします。また、可能ならパパも一緒だと、視点が広がっていいですね。最初にたぶん職員室などで資料を渡され園の概要について説明があるところが多いでしょう。その後建物内を案内され、設備や保育室の様子を見せていただけます。

ここで、見学ならではのポイントを。

1.保育室など清潔か?(新しい、きれい、というのとはちょっと違います)

2.子どもがのびのびしているか。

3.先生がいい表情をしているか。子どもを怒ったりしている場面に遭遇することもありますが、短く端的に子どもに何がいけなかったかを伝えているか。

4.先生同士のコミュニケーションが取れているか。(馴れ合いではなく、仲が良いかどうか)

5.安全対策がしっかりされているか

ってところでしょうか。

清潔であることは最低条件ではありますが、案外行き届いていないこともあります。乳児室などでは調乳室も見せていただきましょう。ついでに母乳を続けたいママは冷凍母乳をやってもらえるかどうかさりげなく聞いてみるといいですね。

また、子どもや先生がのびのびいい顔をしているかも大事なチェックポイントです。先生も人間ですから、先生同士の関係しだいでは子どもに多少影響があります。園長や主任、または現場を統括しているリーダー役の先生の顔を、若い先生やパートの先生が何かとうかがっている様子の場合、うまくチームとして機能してないかもしれません。プロですからとくに見学にいらしている保護者がいる場合は、そういう部分は表に出さないようにしてるはずです。それでもこちらに伝わってくるようなら、ちょっと考え直したほうがいい園ではないかと思います。

後、保育室(特に乳児室)に事故防止の柵とかが出入り口などの要所についているか、また昨今では警備体制がどういう風になっているかもチェックポイントです。(やな時代ですね)

ついつい遊具とか庭やホールの広さとかに目を奪われがちですが、ちょっとくらい狭くて古い建物でも先生方の対応がよく、お子様やママの感覚に合う園を選んでくださいね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

4月入園決定への道②口コミで情報収集

おおよその候補は決まりましたか?でも、お役所や園からもらった紙切れからは、わからないことがあります。それはいわゆる「雰囲気」とか「サービス」というものです。「肌に合うかどうか」「相性」ともいえるでしょうか。もちろん実際に入園しないとわからないところが多いですが、先にわかっているに越したことはありません。中にはそんな余裕なく「ここにしか入れられない!」という方もいらっしゃるでしょう。でも、もしどっちもいいけど、どうしようかなと迷っていらっしゃる方は、ぜひ口コミでの情報収集をおすすめします。

勤め先の仲間に聞く・・・住んでいる所が同じ市町村のお子さんがいる方がいたらチャンスです。勤務条件が一緒ですから時間のやりくりや、保護者参加の行事がどのくらいあって大変かどうか、同じ部署だとしたらどんな時にお迎えコールがあるかまでなんとなく普段の様子からわかることがたくさんです。親しい方なら失礼を承知で保育料を伺うこともできます。すでに情報をたくさん持っていらっしゃるので、お目当ての園でなくてもご存知のことは多いのではないでしょうか。女性でなくても男性で奥様がお仕事してらっしゃる方でしたら、通われている園のことくらいは、今のパパたちはご存知ではないかと思います。

ママ友に聞く・・・ママ友で既に働いている方や、上のお子さんがいらっしゃる方とかに聞くのも手です。ご自分は働いていないお友達でもそのまたお友達やご姉妹が働いていらっしゃったりしますので、さりげなく伺ってみるのもいいでしょう。また、お知り合いに保育士さんがいらっしゃれば、裏話も聞けますよね。

以上のターゲットに何を聞くかはあなた次第なのですが、私だったら先生の(とくに私立の場合は園長先生や主任先生の)お人柄、クラス担任の先生方のお人柄や年齢構成、延長保育の融通性、病気や怪我の時の対応、給食の様子(0歳児だったら離乳食の進め方など)ってところかな。後、障害児を受け入れられる園かどうかも。これは非常に個人的な見解ですので誰もがそうとは思わないでしょうが、私は障害児を受け入れる用意のない園には娘に障害がなくても託したくありません。保育園ではだいぶ少なくなってきているとは思いますが・・・・。だって障害がある子どもには医師の診断書があれば加配保育士をつけるためのお金が下りるのに(自治体によってはそういう制度がないかもしれませんが・・・)今時受け入れていないなんて・・・・。もしこの先娘になにか事故とかあって障害を負うことがあったとして。そうなったらポイと追い出されるかもしれないじゃないですか。何よりもそういう違う個性を認められない園はちょっとでもはみ出す子がいたら親にクレームをつけてくると思います。そういうところは私的にはパスです。

皆さんもここは譲れないというところは、しっかり確認しましょうね~もちろん選択する余裕のある場合ですが・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

4月入園決定への道①パンフレットで情報収集

4月入園申し込み受付時期です。.はお読みいただけたでしょうか?いよいよ実践編です。

育児休業の関係で年度途中入園を希望される方も多いと思いますが、激戦区ほど4月で決めておかないと入園できない確率は高まります。今回はとりあえず圧倒的に多い4月入園に向けての道です。途中入園の場合でも、スケジュールが違うだけで動き方はほぼ同じですので是非参考に。

まず、申し込みの時期をお住まいの自治体に確認し、その時期に合わせて先に情報収集します。i-kosodate.net .では、全国の保育所保育園の基礎データを調べられます。そこから電話やホームページなどでパンフレットを請求できる園もあります。またお住まいの自治体の児童福祉課などのカウンターで総合パンフレットや、入所手続きの手引きがいただける場合もあります。

さて、そこに何が書いてあってどこのデータに注目すべきか。

まずは、保育時間を確認します。そして送り迎えが間に合うかどうかを自宅~園~会社間の通勤時間をマイナスし勤務時間と照らし合わせます。
ここで注意すべき点は送りの場合、朝のお子さんの支度が園で慣れない方の場合15分、なれた方でもなんだかんだで10分弱かかりますので、それも通勤時間に入れること。特に始めの頃はお子さんがぐずったりしますので、ギリギリの方は覚悟を。
お迎えは間に合うか、延長保育は何時までやっていただけるか、それがまず第一関門です。
時間が厳しい場合、なるべく職場に近い園を候補に選ばれたほうがいいでしょうし、他の方(おじいちゃんおばあちゃん、旦那様など)の協力が得られるならその方の都合のいい場所にするのも一案でしょう。余裕がある方なら、学校に上がる際のことを考えて自宅近くを候補にするのがおすすめです。またどなたの協力も得られない場合、早朝・夜間保育をしている託児所や、ファミリーサポート(保育ママ)、ベビーシッターなども視野に入れ、さらに情報収集する必要があります。保育時間を調べるだけでこれだけのことが見えてきます。

次にお子さんが入園時にお誕生前の場合、何ヶ月からあずかってもらえるか調べます。6ヶ月前後からが圧倒的に多いので、4月の時点で受け入れ月齢以下のお子さんの場合、受け入れ可能な月齢になった時点で中途入園させてもらえるかどうかを確認します。(今は育児休暇明けの方は予約という形で中途入園を4月入園の決定と同じ時期に保障してもらえる自治体も多いです)場合によっては育児休業延長なども視野に入れておく必要があります。

その次に保育料です。
認可保育園の入園や保育料の決定権は(私立も)管轄の自治体にあります。
保育料は入所決定後両親の源泉徴収票や確定申告の書類を提出して合計の年収で決まります。また年少児以上と三歳未満児とでは料金が違います。そういった事情から窓口などで聞いても「お答えできません」といわれることがほとんどです。でも案内のパンフレットにもし、保育料の一覧表が載っていたら、おおよそどのランクに位置するかは想像できます。
両親外勤で正社員の場合は残念ながら料金は上のほうです。年齢の高い(つまり給料の高い)一流企業や公務員の方などは最高ランクになる可能性が高いです。
どちらかがパートの場合は真ん中あたりになります。
下のほうになると事情が特殊で生活保護を受けていたり母子家庭の場合になります。
また、園によってはその他もろもろの別料金が発生することもありますので、そこはよく調べておく必要があるでしょう。
ここで一つ厳しい現実を。
育休明けの正社員の方はそんなことはないでしょうが、パートに出る場合で三歳未満児の場合、旦那様のお給料にもよりますが、パートのお給料の半分以上が保育料になってしまうことがあります。そこを覚悟してそれでも働きに出るか、正社員の口を捜すか、3歳になるまでやめておくかを考えておく必要があります。

そのほか病児保育はあるかとか、保護者参加の行事はどのくらいあるか、お盆や年末年始、年度末などの休園期間はどのくらいあるかなどが資料から読み取れることでしょうか?

次回は口コミ情報収集の巻です。お楽しみに。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

4月入園申し込み受付時期です。

最近すっかり秋めいて、地方によっては冬の足音が聞こえだしているのではないでしょうか。この時期保育園では運動会や遠足、発表会などの行事の陰で、来年度の新入園児募集が始まります。お子さん同伴のお母様方が園内を右往左往する日々が始まるというわけです。

最近のママさんたちは事前に資料請求したり、すでに園に通われている方から情報をもらったりしているので、園に見学にいらした時点で八割がた心が決まっていらっしゃるようです。なので、私たち保育士を見る目も真剣そのものです。

でも、ちょっとまて。

一口に保育所・保育園といっても経営形態が様々であることは皆さんご存知のとおり。公立認可園・私立認可園・無認可園、託児所・最近では待機児童と公費持ち出しを軽減するため、公設民営(第三セクターといったほうがわかりやすいのかな)園とか認証保育所とかいうものあります。今回はそれぞれの光と影を(笑)

公立認可園・・・経営母体は市町村。管轄の認可園一律の基準で決められた保育料と補助金、公費で運営。ちなみに保育料だけで運営した場合、子ども一人当たりおよそ月8万円ほどかかるといわれています。(たっかーい!ですよね)先生方は正職員の場合地方公務員。延長保育や障害児保育などへの対応のためパートの先生も最近は多くなりました。自治体内に複数公立が存在する場合、3~4年に一回の割合で先生方は他の園に異動していきます。園長も例外にあらず。なので、入園時の先生方が卒園の時には一人もいないってことはかなりの確率でありえます。毎年顔ぶれや雰囲気、園長が変わったばあいは保育方針も微妙に変わります。ただ、公立という安心感は捨てがたいですよね。給与や休暇など(公務員なので)しっかりしているので、元気な若い先生からママたち世代の中堅、おばあちゃん世代の年配の先生と、各世代のスタッフがそろっているのも魅力です。なにか園とトラブルがあった場合、直接言ってもだめな時自治体の保育所担当課が苦情を受け付けてくれるし、他の経営形態との比較で言えば園以外の人の目があり、オープンです。また、オプション(バス送迎、水泳や体操の教室などの習い事など保育料以外のお金の請求)はほとんどの園でないです。これをいいと思うか悪いと思うかは、人それぞれだと思いますが。

私立認可園・・・経営形態は個人経営。法人化されているところがほとんどだと思います。保育料と補助金で運営。園長や理事長などの経営者のカラーや考え方である程度園の雰囲気も決まります。大きい法人で複数園を持っていない限り先生方は採用と退職以外には顔ぶれは変わりません。(あまりにも顔ぶれが変わる場合は、職場の雰囲気や待遇が悪い可能性があるので注意。少なからず子どもに影響あります)ということは保育方針も変わりません。入園から卒園までよくお子さんのことを知ってていただけるのがなんといっても魅力。卒園式はママに似たような気持ちで送り出してくれること請け合いです。園にもよりますがオプションが充実してますので、長時間預かって欲しいけど、幼稚園並みの教育もして欲しいというかたにはおすすめです。その一方で経営は厳しいところが多いので、保育料以外に暖房費とか教材費が請求されるところもありますので、事前によく確認を。

無認可園、託児所・・・経営は個人経営や最近では大手の民間企業がチェーン店のようにたくさんの託児所を持っていることもあります。ひとつの規模は小さめのところが多いです。保育料で運営しているので、預ける時間にもよりますがお値段は高めになるところが多いでしょう。認可を受けていないということで、施設が狭かったりお庭がなかったりしますが、そのかわりに長時間保育や一時保育、アットホームな雰囲気、場所によっては自然の中での保育・逆に駅ビルの中にあって便利などそれぞれ特徴を打ち出しているところが多いです。また、経営者の志が高い園は下手な認可園よりいいですが、悪いところに当たってしまうと世間を騒がせているような虐待などが行われてしまう危険性もはらんでいます。利用する前にぜひ見学に行き中を快く見せていただけるかどうか、そしてどんな保育が行われているかを保護者が確かめる必要があります。また、実際に普段からよく利用している方を探して話をうかがうことができるとより安心ですね。

そのほかの経営形態には身近にないので、ちょっと申し訳ないですが、詳しく説明はできません。ただ、公設民営や認証保育所の場合、認可園に比べれば少ないながらも補助金が下りてますので、経営は無認可園より安定していますし、施設の規模や職員数もある程度保障されているはずです。

入園前に見学・情報収集はいずれの場合もとっても大事だというのはお分かりいただけたと思います。これから少しずつ見学や情報収集のツボなど連載していきます。お楽しみに。皆さんからも私の知らないこと、上の説明で抜けているところがあったら是非コメント残していってくださいね。つけたしますから・・・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (2)